エントリー

コピー機・プリンター両面印刷の考え方

先日、パソコンでの印刷について娘と話していた際「両面印刷」の話へ…

まぁ、確かにややこしいんだよね。
「長辺とじ」「単辺とじ」とか言われても… ?(゚_。)?(。_゚)? ってなるし。

で、私なりに説明してみたら…
娘「すごい、わかりやすい!」
と、絶賛されたので調子に乗って日記に書きます。 (`・ω・´)ゞ

用紙サイズや部数はいいとして、両面印刷で重要なのは「原稿の向き」
要は、縦か横かって事。

この向きで長辺をとじるか、単辺をとじるか。
結局、言葉(文字)で表現すると「長辺とじ」「短辺とじ」になってしまうんですけどね。 (゚~゚)

イメージしやすいのは実際にファイルに綴じた姿。

20230726202521.jpg


一般的(?)と思うのがこの形。
縦型の印刷物を横でとじるファイル。
※グレー部分はファイルのイメージ

長い辺を綴じた時に上下が揃うから「長辺とじ」

20230726202524.jpg

その逆、「短辺とじ」がこちら。
短い辺を綴じた時に上下が揃います。

「長辺とじ」をしたものを、
このタイプのファイルに綴ると
裏面(偶数ページ目)が上下逆になるので
縦に続けて見ることができず、
ページが変わる度にクルクル
ファイルを回転させる羽目になります。 ('A`)

これが縦方向の文書に対する「長辺とじ」「単辺とじ」

20230726202523.jpg

続いて横方向の文書。
まぁ、考え方は一緒なんですけどね。

書類の綴じ方は会社によって様々だろうし、
実際には配布書類が複数ページにわたった時に
悩むケースが多いので、
ホチキス止め後をイメージする感じになると思います。

20230726202522.jpg

横向き書類を左上でホチキス止めする場合は、
「短辺とじ」になるかと思います。

配布書類の場合、
書類を広げるスペースにも限りがありますしね。

混合した場合は… 「長辺とじ」が無難かな?
さすがに縦書き文書が上下逆ってのは
違和感半端ないし。 ┐(-_-;)┌

で、結局…
わかりやすく簡潔な表現ってのを考えると…
「長辺とじ」「短辺とじ」になるんですよねぇ。。。

最初に考えた人、スゴッ。 Σ(`ロ´ノ)ノ

世界で一番やさしい 資料作りの教科書

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ

ノート

  • ノートは登録されていません。

新着エントリー

javascript 再勉強中
2024/03/08 10:56
ベータガンダムは伊達じゃない
2024/02/21 11:07
残り約50ページ
2024/01/29 13:07
スマホのカメラ機能
2023/12/19 11:59
ガラケー卒業
2023/11/27 18:57

新着コメント

Re:3DOソフトカタログ
2024/05/30 from 承認待ち
Re:チョロQ3
2024/04/25 from 承認待ち
Re:スマホのカメラ機能
2024/01/13 from dshata
Re:スマホのカメラ機能
2024/01/12 from とくめい
Re:アクアビーズアート(2)
2021/10/10 from はやとまる