エントリー

カテゴリー「PC」の検索結果は以下のとおりです。

Webページ作りにExcelを活用

普通、web用のページは「html」で記述され専用のソフトやテキストエディタが使用されます。
テキストエディタの代表はWindowsに最初から含まれている「メモ帳」ですね。

テキストエディタ(txtデータ)の特徴としては
・(基本的に)動作が軽い
・汎用性が高い

まぁ、文字を装飾する事もせず、ただただ文字を入力するだけなので軽いのは当然ですね。
(基本的に)というのは…
フリーソフトでも優秀なテキストエディタは数多くあり
それに対応するプラグインも多数、用意されています。
なので、欲張ってプラグインを入れ過ぎると「重くなるかな?」と。

自分は経験無いですけどね。 (゚~゚)

汎用性の高さは言うまでも無いですね。
そもそもデータが文字だけなんだし。
ただ… エンコードの問題もあるので完全とは言えませんが。

で、本題。
そんな基本txtデータであるhtmlを書いていく際に、表計算ソフト「Excel」が役立つ事も。

色々と活用方法があり、全てを書くと長ぁ~~~くなるので
今回は基本的なやり方のみ。

まぁ、聞けば「そんな事か」ってレベルかと思いますが。 orz

私の場合、ゲームの攻略ページを主に作っているので
とにかく tableタグのお世話になります。

20221121134509.jpg

でもデータをまとめるには「Excel」が便利。
なので、データは「Excel」に入力しています。

画像は某ゲームのレベルと、それに必要な経験値をまとめた表…
と、経験値を50増やすアイテムを使う場合の必要な数。
こういう処理は「Excel」さんの専門分野です。

このデータは今後も追加などで利用するかもなので、
シートをコピーして
「入力用シート(元データ)」と
「出力用シート(作業するデータ)」に分けておきます。

ちなみに元データが他のブックやシートを参照している場合は
新しいシートに「値のみコピー」で貼り付けた方が面倒な事にならずに吉。

20221121134510.jpg

で、実際にweb上に表示させる形に整形。
※画像ではレア度を左から低い順に直したので数値が変化しています
各データ間に列を挿入していきます。
一度挿入したら、あとは挿入したい列を選択>「F4」でサクサクです。

今回は見出しもありますが、Excelの関数を使うような必要が無ければ
データ部だけで十分です。
<tr><th>… と、手打ちする量は変わらないし。 (*´艸`*)

で、用意した空白行にタグを埋め込んできます。
最初の行には「<tr><td>」
最後の行には「</td></tr>」
その間の行には「</td><td>」
これをオートフィルで下まで引っ張れば全ての行にタグが追加されます。

間の「</td><td>」は1行分をまるまるコピペの方が早いかな?
キーボード操作に慣れてる人なら最終行の下に「-」など不要な記号で行を埋めて…
「Ctrl」+「Shift」+「↓」からの「Ctrl」+「D」で一気に埋める方法もあります。
で、最後に不要な行を削除して完成。と。

20221121134511.jpg

全体を確認して問題が無さそうなら、
この表全体をテキストエディタにコピペします。
Excelデータを貼り付けるとセル間に「タブ」が設定されます。
※画像での右矢印(薄いグレー)

この「タブ」を置換で削除すれば、
あとはhtmlに貼り付けるだけのデータが完成します。 ヽ(´▽`)/

tableタグは、そんなに需要が無いかもだけど
オートフィル機能を使えばタグを一気に入力できるってのは
非常に便利なので覚えておいて損は無いと思います。

今回は単純なタグの挿入にしかExcelの機能を使っていませんが
今後、これらの応用編も書いていければと思っております。

できるポケット HTML&CSS全事典

正規表現

11/06 アップデートミスによりblogデータが消滅。
バックアップが08/16のモノしか残っていなかったので、
その間(二ヶ月ちょっと)のデータが消えました。 orz

まぁ、自業自得ってヤツですね。

で、画像データは別管理だったおかげで削除(正確には上書き)されずに残ってました。
その画像の中で「これだけは自分の為(←ココ重要)にも、もう一回書いておこう」
というのが「正規表現」に関する記事。

正規表現は知っていたんだけど、
頭の中でワイルドカードとゴッチャになって…
 私(心の声)「ワイルドカードで十分じゃね?」
と、自分に言い訳して勉強していませんでした。 orz

先日、ちょっとした理由により試しに使ってみたところ…
これが便利な事、便利な事。 +゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+.

20221029234319.jpg

そんな訳で自分用メモも兼ね、
(再度)まとめてみました。

今回、やりたかったのは…
というより、正規表現を(かじった程度とはいえ)使えなかったら
気にもしなかったと思いますが
元の表は右のような感じ。

あるゲームでのアイテム名と価格の表なのですが
売却専門のアイテムには(売)を付けて売価を表示。

20221029234320.jpg

この表現を(売価)に変更したいなぁ。と。

データ数も僅かなので手打ちでも十分対応できたんだけど
せっかく覚えた事だし…
使わないと忘れちゃうしね。 (*´艸`*)

で、検索・置換を図のように入力。
「すべて置換」をポチッとするだけで、一瞬で作業完了です。

20221029234321.jpg

元のデータは
<td class="nom">(売)400</td>
このデータを
<td class="nom">(400)</td> と、したい訳です。

※さらにややこしくしてるのが、上の()は半角、下の()は全角という点

tdタグはそのままなので無視するとして
検索窓に入力してある文字のうち
\(売\)(\d+) が重要な部分。
これを置換窓に入力した $1 にしなさいね。と。

\(売\) 部。 “(”・“)”は正規表現でも使用する文字なので
前に“\”を付けて「文字として扱って下さい」と伝えます。 ※エスケープ
これで“(売)”として処理してくれるようになります。

(\d+) 部。 ここの“(”・“)”は正規表現としての記号。
その中身の“\d”は、数字という意味。
“+”は、直前の文字が1回以上連続しているか?の判定。
上記の場合だと数字が1個以上並んでいる場所“\d+”をグループとして扱う。
その為に“()”で括ったという記述になります。

()で括った中身、上記の場合は“400”の部分。
これを置換時には再利用できます。 それが“$1”部分。
前後に全角()を付け「400へ置換して下さい」という事になります。

グループは複数使用でき、()で括った順から、$1、$2… と変数(?)として利用できるので
特定の部分を入れ替えたりする事も可能です。

と、まだ付け焼き刃レベルなのでボロが出る前に終了。
詳しくは、ググる先生に聞いて下さい。 ヾ(;´▽`A``

ちなみに…
>「すべて置換」をポチッとするだけで、一瞬で作業完了です。
と偉そうに書きましたが…
まだ自身が無いので、1回ずつ確認しながら「置換」をポチッてます。 (*´艸`*)

サラッと書けるようになれば格好良いんでしょうけどねぇ…
はい。 精進します。 λ..........トボトボ

正規表現ポケットリファレンス

大失敗

Blogを色々とイジっていたら…
バックアップをミスってしまい、8/16までのデータしか復旧できず。

それまでのデータは露と消えました。 (`;ω;´)ゞ

まぁ、たいした事を言ってない気もするけど…
頑張って更新していた気もするし…

そんな訳で、しばらくBlogの設定等を見直す作業に努めます。 λ..........トボトボ

googleサイトマップの更新

先日、Googleアナリティクス4(GA4)を実装。
http://izuito.net/_cgi/freo/index.php/view/4978

ここ最近、kindle unlimited(無料体験中)を使い始めた事で
 ・Googleアナリティクス
 ・Googleアドセンス
関連の本を読み漁っています。

そんな中、ふと思い出したのが「サイトマップ」の存在。
 私(心の声)「随分、昔に作って放ったらかしだよなぁ~」
タイムスタンプを見ると2018/04。 思ったより最近でした。 ヾ(;´▽`A``

それでも4年以上も前なので更新する事に。
ググル先生で検索すると下記のサイトを発見。

20220723224219.jpg

「sitemap.xml Editor」
http://www.sitemapxml.jp/

設定箇所がいくつかありますが
基本的にはデフォルトでOKだと思います。

グレーの部分に自分のサイトURLを入れて
「サイトマップ作成」をポチッ。
後はサイトマップの完成を待ちましょう。

数分後、ダウンロードができるようになるので
そのファイルを自分のサイトへアップしたら終了です。

注意点は… 1000ページまでしか対応していない事。
普通のサイトなら十分なんでしょうが、当サイトは無駄にページが多い。

特に日記(blog)
2006/03が一番古い記事なので16年以上…

そりゃ、老いる訳だ。 λ..........トボトボ

まぁ、ともかく…
私の場合、日記のフォルダを除外ディレクトリに設定しました。
これで日記部分以外のサイトマップは完成。 …サイトマップ(A)

中身は薄いし、どうでも良い内容だけど…
やっぱり日記部分も検索対象になって欲しい。
再び、ググル先生のお力を借りると下記サイトにてFreo用のプラグインを発見。

「龍の棲む場所」
https://holydragoon.jp/freotips/plugin/sitemap

設置方法等は作成者様のページにお任せするとして…
このプラグインにより日記部分のサイトマップも完成。 …サイトマップ(B)

あとはテキストエディタで、サイトマップ(A)と(B)を繋ぎ合わせて終了。
今後は新しいページを追加したらsitemap.xmlも修正するようにします。 il||li _| ̄|○ il||li

徹底活用 Google アナリティクス
デジタルマーケティングを成功に導く
解析・改善のための操作ガイド

kindle本を買おうとすると「問題が発生しました」

先日、amazonにて、欲しい本がkindleなら\0と。
てっきり専用の機器を購入しないと(もしくはスマホ)読めないモノだと思っていたら…

「Kindle for PC」なるアプリがある事を知り、早速インストール。
無事、読む事ができました。

人間、欲深いモノで…
そうなると今度は「kindle版」は有料だけど、「kindle unlimited版」は無料。
そんな本も読んでみたくなる訳で。 ヾ(;´▽`A``

とりあえず「無料体験」に申し込んでみました。

20220721001008.jpg

早速、本をポチッて見るも…

申し訳ありません。
問題が発生しました。

と、そっけない御返事。

言われた通り…
ページに戻って、やり直してもダメ。
ブラウザの再起動でもダメ。
パソコンの再起動でもダメ。

\(^o^)/ お手上げ

 私(心の声)「無料体験中だからか?」
 私(心の声)「無料体験中だからなのかぁぁぁ」
正に ?(゚_。)?(。_゚)? 状態。

その後、色々調べてみると…
「試し読み」画面から「ライブラリに追加」する事で可能になる。と。
やってみると無事、本を追加できました。

 私(心の声)「これで一安心」

と思ったのも束の間。 kindle版の中には「試し読み」が用意されていない本も。

 私(心の声)「どうすれば良いんだ…」 il||li _| ̄|○ il||li

20220721001009.jpg

以前、職場が利用しているサービスで
chromeではダメだけど、
Edgeなら使えるって事があったのを思い出し
試してみると…

無事、本が追加できました。 ヽ(´▽`)/

もうちょっとで、kindle unlimited止めるトコだったw
若い頃(お金に余裕があった頃)なら、
kindleリーダーをポチッてたかもだけど。

あぁ、あの日に戻りたい。 λ..........トボトボ

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Googleアナリティクス4(GA4)を実装してみました。

以前から「Googleアナリティクス(UA)」は使ってたんだけどねぇ。
2023/07/01以降、UAではデータ収集が出来なくなるとの事。

私(心の声)「んじゃ早い段階で切り替えたほうが良いか」
ってな訳で実装してみました。

大してデータを活用できていなかったので(自分の勉強不足により)
完全にGA4へ切り替えても良かったんだけど…
とりあえず、現状はUA・GA4が共存している形です。

全対象ページに専用のコードを記述する必要があり
コードの追加自体は置換処理ですんなり。 なんだけど…
色々とテスト的なページや、バックアップみたいなページも残っていて
「ローカル ≠ サーバー」な状態。
なので、ちまちまファイルをアップロードしていく訳ですが…

これが、正直メンドクサイ。 ('A`)
ま、仕方無い事なのですが…

以下、GA4の画像の一部。
実装して間も無いのでデータ量は少ないですが。

20220716232813.jpg

良く見られているページ

主力は、やっぱりゲーム攻略サイトでした。
まぁ… 伊豆の情報ほとんど無いしね。
≧∇≦ブハハハハハ

って、本気で探して
うちに来てしまった人には申し訳ないです。
精進します。 il||li _| ̄|○ il||li

でも… 見てて嬉しいのが…
私(心の声)「ファイアーエムブレムは今でも人気なんだなぁ」
私(心の声)「シャイニング アンド ザ・ダクネスを攻略中の人が居るぅ~」
私(心の声)「ドラキュラIIも面白かったよねぇ」

と、どこか遠くの知らない人と趣味を共有している気分になります。
+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+.

20220716232814.jpg

ページとスクリーンで表示されるグラフ

グラフ化されて、より解り易くなってます。
X軸が表示回数
Y軸がユーザー数

右下に寄れば寄るほど
マニアック?なページって事になるのかな?
※ユーザー数が少ないのに表示回数は多い

20220716232815.jpg

アクセス数の推移

数字は恥ずかしいのでモザイク。
(*´艸`*)

一番基本となるグラフですね。

20220716232816.jpg

ユーザー(国)

ドメインから訪問者を国別にした表。

私(心の声)「海外からも見られてるんだなぁ」
私(心の声)「グルーバルってヤツだなぁ」

まぁ、日本語しか使ってないので
海外に居る日本人でしょうけどね。
≧∇≦ブハハハハハ

1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本

amazonでの価格推移を見るツール

何か… 世の中では「アマゾン プライムデー」という期間だそうで。
 ※2022年は7/12~7/13

ちょくちょく見ているクセに先程知りました。 (*´艸`*)

まぁ、サイトに行くと検索窓に欲しい商品名・キーワードを入れてポチッ。
価格の安い順に並べたら、後は商品部分しか見てないし。

利用していると当然、気になるのは価格。
 私(心の声)「ちょっと高いかなぁ?」
なんて商品は、とりあえず「ほしい物リスト」へ。

ほしい物リストに入れると、価格が変わった商品には
 >価格が○%下がりました  ほしい物リストに追加した時の価格は、¥X,XXX でした
と、こういう表示が追加されます。
 ※値上げ時のは見た事無いかも

で、お小遣いに余裕が出来た時に(滅多に無いけど orz)
 私(心の声)「この値段なら良いかな?」って時にポチッ。 ρ(゚-゚ )

20220713164040.jpg

そんな感じで利用しているんだけど…
モノによっては、急に値上がりしていたりする商品も。
ゲームなんかは新作が出ると
旧作品も注目されるのか微増するし。

んな訳で、不定期ながら「ほしい物リスト」にアクセスした際
Excelで価格を記録していました。

ところが先日…
このamazonでの価格推移を表示できるツールの存在を知り、早速入れてみました。

Keepa - Amazon Price Tracker

chromeの拡張機能として提供されています。
拡張機能に追加後、普通にamazonの商品ページに行くと…

20220713164041.jpg

こんな感じで価格の推移が表示されます。
 ※画像は「太閤立志伝V DX」のモノ

発売直後の中古品価格>新品価格は、まぁ解るとして…
時々見せる新品の値下げは何なんだろ?

ま、本当に必要なモノは推移なんて関係無いけどね。 (*>v<)

「激安」「高額」には理由がある
値段のカラクリ

エクセルの小技 0・エラー表示を隠す

20170923220523.jpg自分的には最低限のマナー(?)だと思っていたのですが…
意外と多いのが、
結果が「0」なのに表示させたままになっているシート。

もちろん、計算の結果が「0」
それなら無問題なのですが…

大半は、データ未入力による「0」

よくあるのが、こんな感じ。
前年比を出してる表なんだけど、
18日以降のデータが入力されていない為に「0%」と。

まぁ、脳内でスルーすれば済む話なんだけど…
正直…… 「目障り」 (*>v<)

20170923220524.jpg消す方法は、いたって簡単。
=IF(B3="","",B3/B2)

B3セル(今年の数値)が空白ならB4セル(前年比)を空白に。
空白じゃない(値が入っている)なら「B3÷B2」の結果を。
要約するなら、そんな感じ。

まぁ、基本中の基本ですね。 ┐(^-^;)┌

もっと原始的な方法としては…
E4以降のセルは空白のままにしておき、
E3以降のセルに数値を入れる度に、オートフィルで数式を埋める。と。

ただ…
0表示が気にならない(放置している)人って…
その程度の作業を面倒臭がる傾向が強いけど(苦笑

20170923220525.jpg次は、こんなケース。
前年のデータが不足していた結果…

( -。-)スゥーーー・・・ (o>ロ<)o< 0では割れねぇぞ ゴルァ~

と、怒られる場合。 ┐(^-^;)┌

エクセルが2007以降なら「IFERROR」という便利な関数があるのですが
何度も言うように、私のは2003なので。 ヾ(;´▽`A``

20170923220526.jpgで、そんな場合は
=IF(C2=0,"",IF(C3="","",C3/C2))と、
IFを入れ子にします。

ちなみに…
「入れ子」という表現をすると、敬遠される方がおりますが…
中に入れるというより、
外側に追加していくイメージの方が分かりやすいかもです。
読む時、流れを考える時は外側からになりますけど。

上の式の場合…
C2セル(去年の数値)が0ならC4セル(前年比)を空白に。
0じゃない(値が入っている)なら「IF(C3="","",C3/C2)」の結果を。
※IF(C3=~の説明は、上記“IF(B3=~”と同じ

とにかく…
IFを使えば、ソース・式は見苦しくなっても何とかなる。
それが持論です(苦笑

IF、バンザーイ \(^o^)/

過去記事:
曜日入力(変換)
条件を満たすデータの数

超初心者でも3時間でわかる 魔法のExcel関数&計算式

エクセルの小技 条件を満たすデータの数

前回に続き、職場のエクセルで気になった点。

あまり細かい事を書いてしまうと色々とアレなのですが…
ざっくり言うと、従業員情報を性別や立場(身分)別に
集計した表があるんだけど、その数が合っていませんよ。と。

直接、元データを操作してみた訳じゃないけど…
私(心の声)「これ(手動で)数えて入力してるでしょ?」と(苦笑

そんな訳で「条件を満たすデータの数」の出し方を。

まぁ、条件が一つなら「COUNTIF」で問題無く済むんですけどね。
あ、あと…
エクセルが2007以降なら「COUNTIFS」があるのですが…

私のメイン機は、まだ2003なので。 ヾ(;´▽`A``
そんな訳で別の方法を。

20170917101454.jpgまずは普通に「COUNTIF」
A列に果物の種類(品名)
B列に産地が入ってる表です。

で、それぞれの果物名が入ってるデータ数を数える場合。
=COUNTIF(A2:A7,D2)と、なります。
※参照固定用の$は省略

D2のセル「みかん」と一致するデータの数を
A2:A7から数えろ。って意味ですね。
同様に「りんご」「メロン」も数えなさい。と。
まぁ、ここまでは普通。

次に同じ「みかん」でも産地毎に絞って数えたい場合。
「COUNTIFS」が無い、2003では「SUMPRODUCT」を使います。

正直… 今となっては、完全なレアケースだと思いますが。 ┐(^-^;)┌

本来の「SUMPRODUCT」関数の使い方とはちょっと違いますが…
=SUMPRODUCT((A2:A7=D6)*(B2:B7=E6))
と、こんな感じに。

20170917101456.jpgちなみに本来の「SUMPRODUCT」関数の使い方は…
単価を欄を追加して
=SUMPRODUCT(E2:E4,F2:F4)

配列1(個数)と配列2(単価)を掛けながら足す。って感じ。
ややこしいけど。 ┐(^-^;)┌

細かく書くと
・みかん 3×100 =300
・りんご 1×120 =120
・メロン 2×600 =1200
◆300+120+1200 =1620

ざっくり言うと、小計を書かず(表示させず)に合計が出せます。

で、配列を1つだけ(この場合は個数)指定した場合は、単なる和が表示される。と。
※画像では、E10セルの“6”の事

20170917101455.jpg話を=SUMPRODUCT((A2:A7=D6)*(B2:B7=E6))に戻すと
A2:A7=D6 の部分で品名からD6(みかん)と一致するか?
B2:B7=E6 の部分で産地からE6(静岡)と一致するか?
を順に確認し、条件を満たすと“True(真)”が返ってくる。と。

Trueの場合は“1”、False(偽)の場合は“0”となるので、
それを掛ける事で、どちらか一方でも条件を満たしていないと
0×0・1×0・0×1となり、結果“0”になります。

逆に両方の条件を満たした場合、1×1 =1となり…
最後に和を計算した結果、条件を満たすデータ数と等しくなる。と。

ん~ ややこしい。 ┐(^-^;)┌

更にややこしくなるのが…
SUMPRODUCTは、データが数値型じゃないと“0”になってしまう。という事。

なので、=SUMPRODUCT(A2:A7=D6,B2:B7=E6)
だと“0”になってしまうのです。 。・゚・(ノД`)・゚・
※データ型がブーリアン型(真か偽か)になる為

一応、1を掛ける事でブーリアン型を数値型に変え、結果を得る事もできますが…
=SUMPRODUCT((A2:A7=D6)*1,(B2:B7=E6)*1)

=SUMPRODUCT((A2:A7=D6)*(B2:B7=E6))
より僅かにですが、文字数が増えてしまう結果に(苦笑

ん~ ややこしい。 ┐(-_-;)┌

20170917101457.jpgまぁ、ぶっちゃけると…

自分用&データ数が莫大な量でないならば…
IF関数だけでも、どうにかなっちゃうんですけどね。

美しくは無いけど。 ≧∇≦ブハハハハハ

過去記事:曜日入力(変換)

Excel関数逆引き辞典パーフェクト

エクセルの小技 曜日入力(変換)

現在、小売業のお店で事務作業に従事中。

色々な書類を見る機会が多いんだけど…
一時期、話題になった(今も?) 神エクセルらしきモノもチラホラ。

まぁ、その辺は後日に。

で、
今、気になっているのは…
一応、エクセルを表計算ソフトとして使用はしているんだけど

私(心の声)「ちょ 待てよ」 的なヤツ(苦笑

まずは、そんな第一弾。
何弾まで続くかは不明。 ( -_-)

小売業という事で、前年と比較する文書があるんだけど
単純に前年と比較している訳でも無いらしい。

お盆休みの期間や伊東では夏のメインイベントとも言える「按針祭」
そういう時期は単純に曜日を合わせるだけでは無く、
前後の日程等も考慮して比較する必要が。

まぁ、何が言いたいかというと…
オートフィルでズバァ~っと一括入力できない部分が。 ┐(^-^;)┌

しかも御丁寧に曜日の入力欄まで用意されているので
作業的に大した事では無いんだけど…
入力ミスがないか、確認作業が面倒くさい事に。

そもそも月・日・曜日とセルが独立しているのは構わないんだけど
それを個々に入力しなきゃいけないってのがねぇ。 ┐(-_-;)┌

そんな訳で「自分用メモ」も兼ね、小技を。

 

20170831213857.jpg使うのは
・DATE関数
・セルの書式変更

ちなみにVer.は、2003です。 (*>v<)

実際に使用している書類では「年」の入力欄は無し。
なので、実用化するには
(1)年の入力欄を印刷範囲外に用意する
(2)余白に白地・白文字で入力する
など一工夫が。

まぁ(2)の方法は… スマートじゃないけど。 (*>v<)

で、曜日入力セルに“=DATE(年入力セル,月入力セル,日入力セル)”と入れ、
まずは、個別に入力された年・月・日を結合しちゃいます。

20170831213858.jpgその後、書式をユーザー定義・“aaa”に変更し
曜日(一文字)だけ表示する形に指定。

終了。 ヽ(´▽`)/

これで曜日は入力(変更)する事も無く…
カレンダー等で曜日を確認する事も無く…

エクセルさえ対応している年月日であれば、
年・月・日を変えると、曜日も自動的に変更されますよ。っと。

あっ。。。
もちろん、DATE関数使用時には…
相対参照・絶対参照の指定は必要になりますです。 ヾ(;´▽`A``

仕事に使えるExcel関数ブック
2016/2013/2010/2007対応

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ノート

  • ノートは登録されていません。

新着エントリー

新着コメント

Re:アクアビーズアート(2)
2021/10/10 from はやとまる
Re:旗印、自作してみた。
2021/02/18 from goopee
Re:初のスキルLV.10武将 の続き 2
2014/09/24 from DSHata(管理人)
Re:伊東市の鳥
2014/05/16 from DSHata(管理人)
Re:【訃報】
2014/04/26 from DSHata(管理人)

過去ログ