エントリー

2007年11月の記事は以下のとおりです。

節煙、始めました。

全然、関係無い事だけど
何で「冷し中華」だけ「冷し中華、始めました」って特別扱いするんだろうねぇ。
「そうめん」「冷麦」「煮込みうどん」達も同列に扱って欲しいはずなのに…

で、今日から11月。
懲りずに年内禁煙を目指して節煙を始めました。

な~んか、こんな感じの記事
過去にも何度か書いている気がするが…
たぶんデジャブってヤツでしょう(苦笑

今回も(?)エクセルを使用して30分単位で管理
自分の中で
・30分以内に2本以上吸わない
・できるだけ60分で1本以下にする
という(甘~い)ルールを決めました。

と、いうのも
8時間、しっかり寝ていると仮定して起きている時間は24-8=16時間。
にも関わらず、ここ最近の本数は30本。
+1、2本の時もあるが、ここ最近の本数としては間違いない数。
16*2=32な訳だから、ほぼ30分に一本は吸っている計算になる。

で、早速エクセルで表をつけると
やはり、寝起き直後(要はニコチンが抜けた状態)は30分に1本のペース。

このままじゃいけないと思い、近所のドラッグストアで禁煙補助剤を購入。
が… コイツがとにかく高い。
一粒、約100円。 ニコチンの量は2mg
対するタバコは一本、16円。 ニコチンの量は1mg

この禁煙補助剤、普通のガムのように噛むと大変な事になる。
苦さばかりが口に広がり、軽いピリピリ感も出てくる。
飴玉のように口に含み、たま~に噛むってのが良いようです。

ちなみに本日の本数は現在16本。
普段ならとっくに20本を過ぎている時間帯なので節煙には成功している感じですが…
禁煙補助剤の効果は、明日以降でしょうねぇ。

とりあえず、経験上は目覚めの一服。
これをいかに我慢できるかが鍵なんだよねぇ~
明日は、その目覚めの一服を禁煙補助剤で試し、データ(?)を取ってみます。

そういえば…
先日、実家の母親と話をした際、
私「今は一日30本ぐらいかなぁ~」と話したところ
母「あら!随分、頑張ってるじゃない」

il||li _| ̄|○ il||li

まぁ、実家に帰ると早い時間から飲まされる事が多く
結果、二箱三箱と平気で吸ってたからねぇ…
しかも「吸いすぎ」と言いながら、
いつの間にか補充されてる始末。

とりあえず「最大の親不孝」をせぬよう頑張ります。 orz

第三者の目線。

かなりピークは過ぎたように感じる、娘の癇癪。
大きな声で一生懸命、自己主張しているのだが…

私はパソコン部屋に引きこもって作業。
愚妻は、食事の準備。

大体、この時間帯に癇癪を起こす。
娘としては、恐らく手伝うつもりなのだろうが
台所には食材を始め、包丁など危険なモノもある。

椅子を横付けして愚妻の調理にアレコレを手を出す。
娘「お手伝いするの~!」
妻「うるさい! いい加減にしなさい!」

ん~ よくある風景。
所謂、
 最後に「うるさい!」と発言したモノが一番うるさい法則

最初に感じたのは、どこかの病院での事。
待合室で遊ぶ子供に激怒したジイサンが、
正に響き渡るような大声で「うるせぇ!」と一喝。

周囲の者は、軽い萎縮。
保護者が慌てて、子供を連れて別部屋に逃げ出す結果に。

が、このジイサン。
取り残されて、ようやく気付いたようで、静かになった途端に周囲をキョロキョロし始める。
で、「おめぇが一番うるせぇんだよ。」的な視線を送っていた私と目が合った。

結果、ジイサンも退席。
まぁ、どちらも名前を呼ばれれば聞こえる距離で間合いを取ってるって状態だけどね。

私が何を言いたいかと言えば…
喚く娘より愚妻の方がウルサイって事。

正直、愚妻に対して「お前の方がウルサイんだよ!」と叫びたい気持ちはあるが
それをやってしまうと一番ウルサイ人間が自分になってしまうという事。
(ま、他にも方法はあるのだが、この方法は… かなり怖いらしい。過去に会社の先輩に使った事あり(笑)

そんなイライラが、禁煙できない理由なんだなぁ~と自己弁護してみます。 orz

最近の不満。

昨日、今日と連続でくらってしまい日記で不満解消(苦笑

駐車場での事。
通常、駐車場は車が無ければ結構な広さになる。
(もちろん駐車場にもよるが)
昨日は川奈駅前で、今日はユニー屋上で遭遇したのだが
駐車台数の少ない時は問題無いのだが、
ある程度の台数が駐車していると
駐車用スペースと走行用スペースが明確になってくる。

駐車場にもよるが日や田の字のように…
当然、線の部分が走行用スペースになるのだが、
よりによって、交点部分で停車する車がいる。

「なぜ、その場所で停車するのか?」
「後で他の車が待っているのが見えないのか?」
非常に疑問を抱く。

昨日の川奈の場合、私は車内で愚妻待ちの状態。
すると目の前を一台のワゴンが走り去り… 出口を封鎖するように停車。
すると後部座席から、お年寄りが二人のそのそと降りてきた。
まぁ、行動が遅いのはお年寄りだから仕方無いし責めるつもりもないが
何故、運転手はその場所を降車場所に選択したのか?

お陰で、後続車二台は行き場を無くし
タクシー会社の駐車スペースに車を停めちゃった。
その後、ワゴンは何も無かったかのように走り去ったが
残された状況はパッと見、後続の二台が違法駐車している結果に。
可哀想に…

で、呆れたのが本日。
T部分の交点で停車している車が… (私の進路は左から右へ)
すぐ角の駐車スペースが空いているからバックで入れるのだろうと、
おとなしく後で待機していたのだが、一向に白ランプが点かないし動かない。
運転手は何やらゴソゴソやっている。

この様子じゃ、当分動きそうに無いと判断。
左横に一台分の幅があったので通過しながら運転手を確認すると…

オバチャンがペットボトルのお茶を飲んでやがる… orz

駐車スペースに停めてから飲めよ…
それとも慣れないバックに緊張して喉が渇いた?
でも、他の駐車スペースも空いてたし前進だけで済む場所もあったけど…

こういう挙動の怪しい車の近くを運転する時って…
正直「怖いっす。」

後悔。

ここ最近、よく昔の事を考える。
年のせいなのか、寿命が近いのか。

たぶん、結核がらみ関連は薬も止まり順調なのだが
太鼓判をもらった訳じゃない。
次回のレントゲン検査の結果次第ではリスタートになりかねない。

血糖値の事もあるし、(今日は調子が良かったが)まだ痰が絡む事も多い。
気温が低くなってきたせいか、右手の痺れも時々あるし
最近では足の裏もジンジンと痺れている。

そういえば、何日か前。
カカトが凄く痛くて目を覚ました事が。
正確にはカカトと言うよりカカトの中。
たぶん、血行が悪いのでしょうねぇ。

自分が一番嫌いな
前(未来)では無く
後(過去)を見る人間になってしまったようだ。

が、振り返ってしまった以上、仕方無い。
明日からは再び前を見て歩くようにするとして、せっかくだから過去の後悔を公開(失笑

●ワースト3
私は年代的にギリギリ、バブリーな時代を経験できた人間なのです。
職場には、毎週のように私が代引きで注文したゲームを届けに運送屋さんが来てたし
(わざわざ愛知の通販業者から)
妹が欲しいというので「たまごっち」も約10000で購入したし
コンプ目的で所謂「トレカ」ってヤツを大人買いもした。(総額100,000以上)

今思えば、これら全て貯金していればなぁ~と。
まぁ、虫のいい話なんだけどね(苦笑

仕事は残業なんて当たり前。 土日を返上して毎日お仕事。
有給なんて最大日数を保持していて当然。
給料は入ってくるが使う暇は無い日常。
今からは想像もできないが、当時は「金を使わせてくれ!」ってのが本音。

弁当はコンビニ。
唯一の楽しみである晩酌、一人暮らし用冷蔵庫の中は缶ビールがビッシリ。
補充用のビールが減ってくると酒屋に持ってきてもらっていた。

これが入社4,5年目のペーペーの生活。
まぁ、今、思えば異常極まりないのだけどね。

●ワースト2
小学生高学年の頃、親父に呼びつけられた。
親父の前に正座で座る私。

実は当家は、かなり厳しくて社会人になるまで座る=正座でした。
新人歓迎会の時だったかな?
座敷に正座で座っていると、先輩が「足、崩せよ~」と。
が、私としては「足を崩す」の意味が分からない。
で、周囲を見ると、いつも私には正座をさせておきながら
親父が座る「あぐら」をかいている先輩衆の姿が。
見よう見まねで「あぐら」に挑戦するも関節が痛く、結局正座していた事を思い出します。

で、話は親父の前に座る私から…
父「お前は、どこの中学校に行きたい?」

いつも、こういう状況は怒られると相場が決まっていただけに
父の質問は意味が分からなかった。
今、通っている小学校のすぐ横に中学校があり
自然と、その中学校に進むものだと思っていたからだ。

私「○○○中学校」
父「友達と離れたくないか?」

今思えば、その質問の仕方がオカシイだろ(笑
当然、
私「離れたくない」
父「よし、わかった!」

対話終了。
今でも、あの不自然なやり取りは覚えている。
怒られるとばかり思っていたのに不思議な質問が二つ。
で、あっさり釈放(?)されたから。

社会人になり帰省した、ある年。
ふと、この件を質問すると…
母「実は附属中学校への入学を推薦されていたんだよ。」
母「そんな話をしたら、調子に乗ると思って伏せていたんだよ。」

それにしても、質問内容がオカシイだろ(笑
まぁ、当時の私は親の信用を得られていなかったって事だ。
親からすれば「信用されないアンタが悪い」なのだろうが。

●ワースト1
社会人になったばかりの頃。
会社のすぐ横に古い住宅があった。
そこは二世代(以上)で生活している家で会社の休憩所から見える位置にあった。

そこの家主は既に自力で歩く力も無く
車に乗せるにも家族が数人で担いで運ぶような状況。

若かりし自分は「あのようになったら、もう人なのか物なのか分からないな」と
ちょっと冷めた目で見ていた。
その反面、「それでも、家族が支えあって毎日を生活しているんだなぁ~」とも感じていた。

そんな、ある日、その家に「忌中」の文字が。
「あ~ おじいさん、亡くなったんだぁ」
ちょっと、おセンチな気分で家を見ていると
突然、怒鳴り声が。

まぁ、内容は詳しく書かないが
世話をしたとか、してないとか。
権利だとか、金だとか。
当時(今でも?)、ガキだった自分でも容易に想像がつく。
遺産争い、真っ最中な感じ。

まだ、社会人一年生だった頃の事。
休憩するにも、いちいち仲間(道連れ)を誘ってしまう状況。
なので休憩仲間も流れは把握している。

私「俺、長生きしたくないなぁ~」
O「いきなり何?」
私「長生きしたって一人で動けない状態が続き、
 挙句に死んだら死んだで喧嘩の元になるのは嫌だ」
O「じゃあ、何歳で死にたい?」
私「30半ばで突然死が良いかなぁ~」

本当にさりげない、でも本音の会話。

そりゃ、そうでしょ。
20の若造からすれば、オギャーと産声をあげてから20年生きてきた。
もう一回、20年生きてれば十分かな?と。
でも、そのまんま20年を加算するのは欲張りかな? で-5年で15を足し35歳ぐらい。

今、自分がその年代に達し、思う。

酒、タバコと身体に悪いのは百も承知で続けてきた。
本当に「見栄」「意地」ってヤツほど無価値なモノは無い。

今、思うのは「娘の幼稚園での姿が見たい」
たぶん、それが叶えば
「小学生の姿が見たい」
「中学生の姿が見たい」と発展していき、
「成人式の姿が見たい」
「結婚式の姿が見たい」となるだろう。

それでも生きていたなら
「孫の顔が見たい」
「孫の幼稚園での姿が見たい」 以下、エンドレス

となるに決まっている。

人間の欲望の深さと、その際限の無さこそ恐ろしいと思う。

アンパンマンの弊害。

娘がどっぷりハマっているアンパンマン。
最終的にアンパンマンがバイキンマンを倒す。というストーリーなのだが
意外と弊害も多い。

もう随分と前の話だが、私がパソコンで作業をしていると
娘がスタスタと近付いてきて「ア~ンパ~ンチ!」の掛声と共に脇腹に一撃。
「私はバイキンマンかよ!」と。
二歳とはいえ、力は結構なもの。
さらに手(面積)が小さい分、破壊力がある。

他にもカレーパンチ、食パンチなど…
とにかくキャラクター名+パンチで攻撃してくる。(娘のオリジナル含む)

「今度やったら、パパもアンパンチするからね。」と説教。
以降、アンパンチ(亜種含む)は封印されている。

ロープやタオルを持つとブンブン振り回す。
これは、ロールパンナの真似。
最初「えい!えい!」の掛声の意味が分からなかったが
アニメのワンシーンを見て「あぁ、これかぁ」と納得。

一番困るのはドキンちゃんを真似る事。
ストーリーにもよるが、
バイキンマンが悪さをする原因は、ドキンちゃんの我儘が多い。

あと、娘が好きなドーリィちゃん(映画版のキャラでこのコも我儘)

この二人を気に入ってしまっている。
ちょっと都合が悪くなると「知~らない!」と叫びながらソッポを向く。
さらに都合が悪くなるとダッシュで逃げる。
困ったものだ。

まぁ、だからと言って見るなというつもりは無いけどね。
アニメに限らず、周囲の影響ってのは必ず受ける。
その都度、親が軌道修正してあげれば大丈夫でしょう。
要は子供をしっかり見守る事が大事なんだと思います。(たぶん(苦笑)

意見の言い方。

サラリーマン経験者なら、一度は聞くであろう「ほうれんそう」
報告・連絡・相談
これらをまとめた表現だ。

先月、娘が三歳になった事もあり、七五三なるイベントが…
個人的には、あまりピンとこないイベントなのだが
とにかく愚妻が大事にしたがる。

まぁ、男女の違いか、風土の違いか。
ただ「郷に入れば郷に従え」という言葉もある。
そんな訳で愚妻の意見を尊重するようにはしている。
(その結果、かなり怠け者になってしまっている気がするが(苦笑)

写真撮影は既に済んでおり、あとは神社へのお参り(?)を残すのみ。
その日は、ほぼ一日外出する事になりそうで、休暇を貰う事になる。

で、日程が決まったので早速、雇い主に電話。
「○○日、休み貰います。」
これが私の意見の言い方。

決して
「○○日、休んでもいいですか?」とは言わない。

そりゃそうでしょ?
「いいですか?」と聞いている以上、「ダメ」と言われたら従わざる負えない。
「いいですか」という言い回しは、自分の要求を伝えつつ、決定権は相手に任せる「相談」だから。
その決定にグダグダ文句を言うのは筋違い。

私の場合の「休みます。」
これは、自分の要求を伝えただけ。 「連絡」だね。
もちろん「ダメ」と言われる可能性もあるが、その後は交渉次第。
この場合の交渉は、ほぼ同等の立場。
「相談」の時のように決定権は一度も相手に与えていないから。

その連絡した日と実行日のスパンにもよるが、
一般常識があれば、調整できるスパンで連絡するでしょう。
あとは、事の優先順位でどちらかが調整するだけの話。

今回は休暇の話だから… 「報告」は論外だね(笑
「○日、休みました。」になっちゃう。
まぁ、私の場合は在宅だから「報告」も不可ではないけど…
ここは、個人のモラルの問題でしょうね。

以前、東京で働いていた頃の話。
普段、おとなしい同僚が、珍しく険しい顔で給湯室(喫煙所)に入ってきた。
同「休暇の申請したけど、拒否された!」
同「俺、有給も使ってないし、土日出勤だってしてるのに!」

とにかく、凄い剣幕だった。 で、
私「何て言ったのよ?」
同「結婚記念日だから、休みを貰っていいですか?って」
同「それなのに、「○○の仕事を終わらせてからにしろ!」だってさ!」

珍しく鼻息荒い同僚だが、
私「何で、「いいですか?」って言い方にしたのよ?」
私「ちゃんと働いているなら、胸張って「休みます。」って言えばいいじゃん?」
私「決定権を相手に委ねておきながら、その結果に不平を言うのは汚くね?」

同僚は不機嫌そうに煙草を吸っていたが、
うろ覚えの記憶では、確か休暇を許可されたと記憶している。

元々、このテの考え方って
私の場合、小学生の頃に経験している。

ある日、妹がニコニコしながら
妹「どっちの飴が欲しい?」
そう言いながら、コーラ味とソーダ味の飴を出してきた。
私「じゃあ、ソーダ。」
妹「ダメ! 兄ちゃんはコーラ。」
そういうとコーラ味の飴を渡して立ち去った。

「だったら、最初から聞くなよ~」 orz

こっちは別にどっちでも良かったんだから。

が、自分なりに分析すると…
・妹はソーダが食べたい。
・でも、二つ渡された妹としては自分が好きな味を取り、残りを私に渡すのは後ろめたい。
・選択を私に任せてもソーダを選ぶ確率は50%
・私がコーラを選べば、選択権を兄に譲りながらも欲しいソーダ味をGET

となる。
確か、妹は幼稚園にも入っていなかった気がするけど。

もし上記、計算が働いていたら幼子とはいえ馬鹿にしてられないね。
つか、阿呆な大人以上だ(苦笑

あ~ビックリした。

久しぶりにCGI(Perl)でプログラムを書いてみた。
内容は、詳しく書けないけどホント、大したレベルじゃない。

実際、完成したのは50行程度のモノ。
それに関するHTML(CGIに値を渡すためのフォーム)も40行程度。
HTMLの方は、渡す方法としてリストボックス(select)を使っているので10行程度がoptionタグ。
headにもグダグダとmetaタグを書いているので、正味20行程度。

こんなもんを作るのに2時間程費やした(苦笑

まだまだ勉強不足だ… orz
しかも、こういった技術はどんどん進歩していく。
数年前のテキスト本を片手に四苦八苦している時点で、
「もう隠居するべきではないか?」と感じてしまう。

まぁ、自分の進む道は、パソコン関連しか残っていないので意地でも喰らいついて行く覚悟ですが(笑

でも、正直
今日の自分にはガッカリした。 orz

過去記事のもあるが、一応自分のPCにはApacheが入っている。
で、htdocs内にcgiを作成するも500エラーの連発。
そりゃそうだ、1行目のパスが間違ってるんだもん。

1行目を修正し、さらに作業を進める。
それでも、ちょこちょこエラーが出る。
これは文末のセミコロンを忘れた結果。

そんな作業を繰り返し、目的の変数の値を表示できるようになり、今度はHTMLの作成。
CGIに値を渡した(はず)なのに表示されない…

むか~し、作成したコードを引っ張り出し、ライブラリの存在を思い出す。
まぁ、そんなこんなでとりあえず完成しました。

今後の作業には役立つ事、間違い無いのですが
かなり基本的な部分を忘れてしまっている事を痛感するハメに。

やっぱり、広く浅くにも限界があるなぁ~ ( ´д`)

七五三イベント完了。

とりあえず本日、娘の七五三イベントが完了しました。
七五三用の写真撮影は先月中に完了。
神社へのお参りを本日が「大安」という事で行ってきました。

ファイル 287-1.jpg
お参り用の着物は、いつも通っている美容院からレンタル。
普段、あまり髪飾りを付けたがらない娘も
(つか、取ってしまう)
今日は、おとなしく髪の毛の装飾を許可。

ついでに私も髪の毛がボサボサだったので
バッサリ切ってもらいました。

で、午後から神社の方へ。
途中、今月3日にオープンした「ぐらんぱるぽーと」の前を通りましたが、なかなかの混雑具合。
資料用にデジカメ撮影したかったのですが、今回は挫折。

まだまだ、落ち着きが無く
祝詞に合わせて、(かなり小さい声だけど)歌を歌うなどの行為もありましたが
無事にお参りを終了。

一応、本日は休暇だったのですが
市街に降りた都合もあり、
お客様と数分程度の軽微な打合せ。
お借りした娘の着物も返して、夕食は当家で行いました。

ちなみに夕食は、近所のスーパーで寿司(四人前)と
すかいらーくのルームサービス。
http://www.i-skylark.com/menu/menu_s.html
当家では「盛り合わせ料理」内、おつまみセット・お食事セットの2セット注文が定番となっています。

本当はパーティセットの1セットにまとめたいのだが…

□おつまみセット
 エビフライ(娘・私が好き)

□お食事セット
 ハンバーグ(私が好き)
 チキンステーキ(愚妻・義弟が好き)
 コーン(娘が好き)

□どちらにも入っている
 ソーセージ(娘が好き)
 唐揚げ(義母が好き)

こんな構成。
でも、パーティーセットには、
ハンバ-グ・ チキンステーキが入っていない。
まぁ、金額的にも大差無いという事で上記の2セットを注文しています。

久しぶりに豪華な夕食でした。

明日から、しばらく塩と御飯で生活します(苦笑

最近のTV

よく子供の頃、「TVを見てると馬鹿になる」と脅かされた。
が、ここ最近のTVを見ていると「あながち見当はずれな意見じゃないな。」と思う。

要は見る側が、作り手の意図を敏感に感じ取り
「そこまで視聴率取りたいの?」
「今度は、あのドラマに力を入れてるのね。」
と、必死にブームを作ろうとするメディアを冷やかに見る力があれば良いのだが
悲しいことに、未だに作為的なブームに躍らされる連中がいる。

もちろん、それによって私が損する訳じゃ無いのだが…
なんか、見てて悲しいんだよねぇ~

何年前だろ? (ググれば、すぐわかる事なのだが)
松本サリン事件。
あれが、私がメディア(特にTV)を信用しなくなったキッカケ。

まだ、社内でもペーペーの立場で、気兼ねなく定時であがれる立場だった。
毎日、夕方のニュースを見て「絶対、この人が犯人だよなぁ~」と。
が、突然話は変わり、ある宗教団体が真犯人と判明し、
報道の流れは強引に変更された
「警察が提供した情報が間違っていた」
「警察は○○さんに謝罪するべきだ」
とね。

先日、押入を掃除していたら、タバコの吸殻が落ちていた。
当然、床(木)の部分には軽い焦げ目が。
タバコの火の温度は確かに高い(熱い)んだけど
火力という点では、大した威力は無いんだよね。
木を燃やし火種を作る前に自分が力尽きるって感じ。

でも、そこにティッシュなり紙なり、燃えやすいモノをくべれば火事になっていたでしょう。

別に警察を養護するつもりは無いが、
その情報を過熱報道したのは「どこの誰だい?」 つ~事。

手のひら返しで急遽、○○さん擁護の姿勢を取ったが
元々、てめぇらで大きくした火事。
それを、常に「正義」サイドで語りたがるメディアには
不信任という以上に、嫌悪感を抱いた。

が、それ以上に悲しかったのが、そんな報道を鵜呑みにしていた自分の脳味噌。
以降、各種情報を「そういった考えもある」とソースの一つとして
ただ、信じるのでは無く「無尽蔵に生まれてくるカードの一枚」として捉えるようにしている。

最終的な決定は自分の目と脳で。ってね。

面倒臭い季節。

街中ではクリスマス飾りを見かけるようになってきた今日この頃。
唯一、パソコンを使いこなす私には様々な雑務が任される。

主な作業が「年賀状作り」と「カレンダー作り」
年賀状は愚妻の実家の分も含め二種類を
カレンダーは娘の画像をふんだんに使った親馬鹿カレンダー
当家、私の実家、愚妻の実家と三組作成する。

今年の三月、愚妻の祖母が無くなった事により
「年賀状作り」では無く「喪中はがき作り」へ。
相手方に年賀状を作らせてしまってからでは遅いので
当然、早めに作成・郵送する事になる。
つ~訳で、急遽喪中はがきを作成しました。

が、完成した後、愚妻が奇妙な事を
妻「私は喪中だけど、貴方は年賀状出してもいいよ。」
妻「亡くなったのは私の祖母だし。」

(;´Д`)y─┛~~ ハァ?

「私が喪中じゃないなら、愚妻も喪中じゃねぇだろ」
逆に「愚妻が喪中なら私も喪中だろ」

時々、愚妻は「結婚」と「同棲」をゴッチャにしている節がある。
特に伊東(愚妻の故郷)に来てからというもの
自分の実家と密接になった影響もあり「嫁いだ」という事の意味を解っていない気がする。

ちなみにネットで調べてみると諸説あるよう。
具体的に「二等親内」と定義されていたり
なかには「姓」が違ったら喪中じゃないという説まで。
この説じゃ、愚妻の両親ですら喪中じゃなくなる。
「さすがに、それは厳格すぎるだろ~」
と調べていると「喪に服す気があれば喪中にする」と単純明快な意見も。
私も同感です。

愚妻の祖母なのだから、当然義弟の祖母でもある。
なので続柄を「祖母」とし、義弟と義母の連名で作成したのだが
妻「弟の祖母だけど、義母にとっては母だから…」
私「連名のトップに対する続柄を書くに決まってるだろ!」

本当、アボガドバナナ

いっそ、家系図でも書いてやろうか?

これは愚妻に限った事じゃないのだが
「○○さんは□□ができる」って事が判明すると
作業□□は、全てが○○行きという構図になる。

過去の経験上、得意気に「□□ができる」と言うヤツは
大抵できる知人を知っているレベルで、当の本人の口からは滅多に聞かない。

なぜなら「□□ができる」事がバレたら皆やらされるから。
その結果(利益の出る)収入にでもなれば、まだマシなのだが
大体、「お友達価格」に値切られる。
もちろん、ちょっとした雑務程度なら無料が当然となる。

「頼られる」のは気持ちが悪いものでもないが
「利用される」のは胸糞悪い。

喪中はがきの請求額は10億にしよう m9(・∀・)
どうせ出る財布と入る財布が一緒なんだ。
いくら高額な請求しても結果、プラマイゼロ(笑

あ… あまり高額にすると税金がかかるのか。。。

il||li _| ̄|○ il||li 無料で結構です。

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

新着コメント

Re:初のスキルLV.10武将 の続き 2
2014/09/24 from DSHata(管理人)
Re:伊東市の鳥
2014/05/16 from DSHata(管理人)
Re:【訃報】
2014/04/26 from DSHata(管理人)
Re:4147 根岸兎角
2014/01/19 from DSHata(管理人)
Re:娘、散財開始
2014/01/08 from DSHata(管理人)

過去ログ