Excel 関数

主にExcel2000頃の内容になっています。
もっと便利な関数が追加されていたり、逆に廃止となっている場合もあります。
また、ちょっとした便利技は「Officeの基本操作・便利技」で紹介しています。

文字変換

全角文字を半角へ
 ASC
半角文字を全角へ
 JIS
英字・小文字を大文字へ
 UPPER
英字・大文字を小文字へ
 LOWER
英字・1文字目を大文字・残りを小文字へ
 PROPER

数値変換

桁数で四捨五入
 ROUND(数値,桁数)
桁数で切り上げ
 ROUNDUP(数値,桁数)
桁数で切り捨て
 ROUNDDOWN(数値,桁数)
指定した倍数で数値を丸める
 MROUND(数値,倍数)
指定した基準値の倍数に切り上げる
 CEILING(数値,基準値)
指定した基準値の倍数に切り捨てる
 FLOOR(数値,基準値)

桁数:
 0=小数点以下
 1=小数点第一位
 -1=一の位

整数化ほか

(数値を超えない)整数にする
 INT(数値)
小数部を切り捨てて整数にする ※桁指定可能
 TRUNC(数値[,桁数])
数値を除算した時の余りを求める
 MOD(数値,除数)

INT、TRUNCの違い

条件分岐・論理式

条件式の真偽によって、処理を分岐させる
 IF(論理式,真の場合,偽の場合)
全ての条件が「真」の時、TRUEを返す
 AND(論理式1[,論理式2[,…]])
いずれかの条件が「真」の時、TRUEを返す
 OR(論理式1[,論理式2[,…]])