雑学 数学

黄金比

黄金比 黄金比とは、長方形を美しく見せる比率で『1:1.618』です。
黄金比で書かれた長方形から
短辺の長さと同じ長さの辺で構成された正方形を取り除くと
残った長方形も黄金比となります。
黄金比の書き方 黄金比の書き方
正方形の一辺から中点Mを求めます。
コンパス等を使用し線分MAと同じ長さで、
かつMを求めた線分の延長線上の点A’を求めれば完成します。

白銀比

白銀比 白銀比とは、半分にした時に元の長方形と相似になる比率で『1:1.414』です。
身近なところではA判、B判の用紙サイズに利用されていて
A3の半分がA4、A4の半分がA5、A5の半分がA6…と、なっています。
ちなみに…
A3は297*420(297*1.414=419.95)
A4は210*297(210*1.414=296.94)
A5は105*148(105*1.414=148.47)です。