アローナンプレ

パズル解法

基本は数独(ナンバープレイス)と同じ。
矢印の軌道上にある数字の合計が○の中に入ります。
初期段階 矢印と○の中の数字に注目します。
区画がまたがっている場合、同じ数字が入る事もあるので注意。
○の中には絶対に「1」は入らない。
また、矢印の上に「9」は置けない事がヒントになる事もあります。
0T

記入-A

【E-2】の「2」に注目します。
2マスの上に矢印があるので、この2マスには「1」しか入りません。
また【A-6】に「2」がある事から、
【A-2・A-3】に「2」を入れる事ができず「1・4」の二択になります。 【B-5】の「3」を見ると、【B-6・B-7】は「1・2」。
同区画に「2」がある事から【B-7】が「2」、【B-6】が「1」と判ります。
同様に【E-8】の「3」を見ると、
【D-8】の「2」、【C-8】の「1」も確定します。
【G-7・H-7・I-7】に注目すると、
8に「2」以上を足すことはできないので、
【H-7】は「1」、【I-7】は「9」しか入れられない事も判ります。
1Ta
記入-A'
【G-2】の「1」により【A-3】は「1」、【A-2】は「4」と決まります。 【B-6】【G-2】【H-7】の「1」により、【I-5】の「1」も決まります。
この後、普通のナンプレの手法で「1〜9」を順に調べていくと、
緑文字の部分が確定します。
「6」に関しては…
【GHI-123】を見ると、【H-5】の「6」により、
【G-1】【G-3】【I-3】の三箇所が候補になりますが、
【H-1】【I-2】の「5」から【I-3】には入れる事ができません。
よって【G-1】【G-3】の二択>【I-8】の「6」が確定。
そのような流れで埋まっていきます。
1Tb

記入-B

ここで一度、整理します。
【ABC-789】で使用されていない「4」を確定。
二択が潰されたので【F-2】は「7」で確定。
【I-3】は、8-5=「3」で確定。
【D-9】【E-9】の「1・7」も
【F-9】の「9」、【F-8】の「8」により確定。
その結果により【D-4】の「1」も確定できます。 【GHI-456】に注目すると、
【I-6】の「8」、【I-5】の「1」により、
【G-5】と【H-4】の合計は『7』と判明します。
「1・6」「2・5」「3・4」のうち可能なのは「2・5」のみ。
確定した「1・4・6・8」
それぞれ二択状態の「2・5・7・9」
あぶれた「3」は【H-6】にしか入らない事が判ります。
と同時に【G-9】の「3」も確定します。
【GHI-789】内では【G-8】の「4」、【H-9】の「5」が、
【DEF-789】内では【E-7】の「5」、【F-7】の「4」が決まります。
F列で使用されていない数字は「2・3」
【B-5】の「3」により【F-4】が「3」、【F-5】が「2」
1行で使用されていない数字は「4・6」
【G-8】の「4」により【E-1】が「4」、【G-1】が「6」
二択が崩れ【E-3】の「6」、【D-3】の「9」も確定します。
2Ta
記入-B'
【F-5】の「2」や【H-9】の「5」により、
【G-5】の「5」、【H-4】の「2」が確定します。
また二択が壊れ【G-3】の「2」、【H-3】の「4」も確定します。 さらに「5」に注目すると
【E-7】【G-5】の「5」により【D-6】の「5」が、
同時に【C-4】の「5」が決まります。
【D-4・E-4・E-5】の組み合わせから【E-4】の「7」が、
それにより【G-6】の「7」、【G-4】の「9」も確定します。
※【C-8・C-9】は「1・4」
D列を見ると【D-5】には「4」が。
残った数字を確認していくと、
順に【C-5】の「9」、【C-6】の「4」、【E-6】の「9」が決まって完成です。
2Tb