カプセルナンプレ

パズル解法

基本は数独(ナンバープレイス)と同じ。
カプセル(楕円)で囲まれた場所は、
必ず奇数と偶数がペアで入ります。
初期段階 まずはカプセルに注目します。
重要なのは、1〜9のうち
奇数は「1」「3」「5」「7」「9」の5種類、
偶数は「2」「4」「6」「8」の4種類という事。
問題によっては、それを意識するだけで
数字が特定できるものもあります。
0T

記入-A

まずは【B-1・C-1】のカプセルに注目します。
【B-1】に「7」が入っている事から【C-1】には偶数が入る事になります。
【ABC-123】には既に「4」「6」が存在し、
【H-1】に「2」があるので【C-1】は「8」と確定できます。
※【C-4】の「2」でもOK 次はカプセルが集中している【DEF-456】に注目します。
カプセルが4個あり、そのうち偶数の「4」が使われています。
1〜9には偶数は4個しか無いので、
他のカプセル3個には、それぞれ偶数が入る事が判ります。
【D-7】の「8」から【F-6】に「8」が。
【C-4】の「2」から【D-6】に「2」が。
【D-4】には残りの「6」が確定できます。
1Ta
記入-A'
【DEF-456】で確定していない数字は「3・7」
【B-4】の「3」から【E-5】の「3」
【F-4】の「7」が確定できます。 【G-9・H-9】のカプセルに注目すると、
【H-9】に「9」が入っている事から【G-9】には偶数が入る事になります。
【A-9】の「2」、【B-9】の「8」、【G-7】の「4」から
【G-9】は「6」と確定できます。
ここからは普通のナンプレの考え方で。
【DEF-123】を見ると、【B-1】【D-8】【F-4】の「7」から
【E-3】の「7」が確定できます。
この後も「7」に注目していくと
【G-2】【I-7】【C-9】【A-5】の「7」も決まります。
1Tb

記入-B

次は【A-4・A-5】のカプセルに注目。
【A-5】の「7」から【A-4】に入るのは偶数。
【A-1】の「4」、【C-4】の「2」、【D-4】の「6」から
【A-4】の「8」を確定できます。 この「8」が確定した事により、A列に注目すると
【A-1】の「4」、【A-4】の「8」、【A-9】の「2」から
【A-7】の「6」も確定できます。
【I-5・I-6】のカプセルに注目すると
【I-1】の「1」、【I-2】の「3」、【I-7】の「7」、【I-9】の「5」から
カプセルのどちらかに残ってる「9」が入る事が判ります。
【B-5】に「9」がある事から【I-6】の「9」が決まります。
数字の「1」に注目すると…
【B-3】【C-5】【D-9】【H-7】【G-4】の「1」が確定します。
2Ta
記入-B'
普通に「6」に注目すれば確定できるんだけど…
一応、カプセルナンプレの説明なので(苦笑 【I-5・I-6】のカプセルに注目。
【F-5】の「4」、【H-5】の「8」、【I-8】の「2」から
【I-5】の「6」が確定します。
更に【D-9・E-9】のカプセルでは
【A-9】の「2」、【E-2】の「8」、【E-8】の「6」から
【E-9】の「4」も確定します。
E列で残る数字は「2・5」
【H-1】に「2」があるので【E-7】が「2」、【E-1】が「5」に決まります。
【E-1・F-1】のカプセルでは
【A-1】の「4」、【C-1】の「8」、【H-1】の「2」から
【F-1】の「6」が確定。
これで残るカプセルは【I-2・I-3】のみ。
※「8」に注目すれば決まるんですけどね(苦笑
2Tb

記入-C

ここまで来れば完成間近。
まずは一択になった【G-5】【F-9】をそれぞれ確定。
二択にまで絞れた数字(赤)も個々に確定していきます。 すると一択部分(緑)ができるので、再び確定。
その後、二択になった部分を埋めていくと完成です。
3T