対角線ナンプレ

パズル解法

基本は数独(ナンバープレイス)と同じ。
対角線上でも「1〜9」が重複しないという条件が加わるので、
ヒントが増える分、
通常のナンプレより難易度は下がります。
初期段階 まずは、対角線上に数字が配置されているか否か。
配置されている方が比較的簡単になってる気がします。
0T

記入-A

まずは普通に「1」から順に各区画・列・行単位で見ていき、
同区画内で二択に絞れた数字は小さくメモ。
確定できた数字は大きく記入していきます。 【A-4】【F-3】の「7」により、【B-2】に「7」が。
同時に二択状態だった「3」が【C-3】と決まります。
また【C-9】の「7」も確定。
「8」を調べると【A-8】の「8」も確定します。
【ABC-123】では残りが1マスなので、使われていない「9」が【A-1】に。
【GHI-789】でも、【G-7】【H-8】は「2・6」のどちらかしか入らない状態なので
【I-9】は「1」で決まります。
1Ta
記入-A'
【A-1】〜【I-9】にかけての対角線を見てみると、
使われていない数字は「4・5・8」
【C-5】【D-7】の「8」により【F-6】の「8」が確定します。
また【G-5】の「5」により【D-4】は「5」、
残った【E-5】には「4」が入る事になります。 新しく加わった数字で更に各区画を見ていくと
【D-3】【F-1】で「4」が、
【E-1】【F-1】と【E-9】【F-7】で「5」が二択状態に。
この時、注目するのは【E-1】【F-1】の「5」
どちらかに必ず「5」が入るという事になるので【H-1】の候補は排除。
結果、【H-3】の「5」が確定できます。
【A-2】【D-4】【G-5】の「5」により【B-6】の「5」が、
【A-2】【B-6】【I-8】の「5」により【C-7】の「5」が、
【E-9】【F-7】の二択が崩れ、【E-9】の「5」、
同時に【E-1】【F-1】の二択も崩れ、
【F-1】の「5」、【D-3】の「4」も決まります。
1Tb

記入-B

9行を見てみると残り3マス。
残っている数字は「2・3・4」 【D-3】【E-5】の「4」により【B-9】の「4」が確定します。
更に【D-1】の「3」により【A-9】の「3」が、
残った【D-9】の「2」が決まります。
新たに判明した数字を頼って、再度確認。
すると【A-6】を始め、
【H-4】【G-1】【F-8】と全ての「4」が判ります。
2Ta
記入-B'
3行は残り2マス、数字は「1・9」
【I-9】の「1」により、
【G-3】の「1」、【I-3】の「9」が決まります。 この「9」が確定した事により、
「A-9」「I-1」の対角線上で【H-2】【I-1】に「9」が入る事は無く、
【C-6】【G-4】の「9」により【D-6】【F-4】もダメ。
なので、残る【B-8】が「9」と決まり、
これにより【F-7】【D-5】【E-2】の「9」も確定します。
二択だった【D-5】【D-6】の「7」
【D-5】に「9」が入った事により【D-6】の7が決定。
対角線上に「7」が入ったので、
【H-1】【I-1】の二択が崩れ【H-1】に「7」、【I-5】の「7」も確定します。
この対角線上に入る残った数字は「2・6・8」ですが、
【F-6】【F-9】に「6」「8」がある事から【F-4】の「2」が確定。
逆に【H-2】【I-1】は「6」「8」以外の数字は入れられなくなります。
よって追い出される形で【G-2】の「2」が確定。
保留状態だった【G-7】【H-8】も「6」「2」と決まります。
2Tb

記入-C

ここまで埋まると完成は目前。
【DEF-789】で決まっていない数字は「1・3」
【D-1】の「3」により確定できます。
そこが埋まると8行で使われていない「6」が【C-8】へ。 すると【ABC-789】で決まっていない数字が「1・2」に。
【B-1】の「1」により、ここも確定できます。
また【G-6】【I-2】の「3」も決まります。
【F-5】【B-4】の「3」も確定。
【DEF-456】の残る2マスは「1・6」
結果【E-1】の「8」が決まり、
【H-2】【I-1】も「8」「6」と決まります。
列方向を確認すると、
【F-2】の「1」、【D-2】の「6」、【I-4】の「8」、【C-4】の「1」が決定。
同時に【E-4】【E-6】の二択も確定します。
【H-6】の「6」、【H-5】の「1」、【A-5】の「2」、【B-5】の「6」を確定して完成です。
3T