不等号ナンプレ

パズル解法

基本は数独(ナンバープレイス)と一緒です。
一部、マスの間に不等号があり、
その大小関係から数字を予測できるので、
通常のナンプレより難易度は下がっています。
初期段階 やはり最初に確認しておくべきは「不等号」の向き。
問題によっては、
最初の段階で「1」「9」が固定できるモノもあります。
0T

記入-A

【ABC-1】を見た場合、
【B-1】【A-1】の順に「5」より小さい数字となっています。
が、【I-1】に「4」があり、【A-9】に「3」があるので
【B-1】に「3」、【A-1】には「1・2」が入る事が判ります。
更に【D-2】の「2」、【G-3】の「2」によって
【A-1】は「2」である事が決まります。 また【A-6】の「9」に注目すると、
「9」の入る可能性があるのは【B-3】【C-2】【C-3】となりますが、
不等号を見ると「9」以上の数字は存在しないので、
【B-3】【C-3】に「9」が入る事は有り得ません。
よって【C-2】の「9」が確定します。
1Ta
記入-A'
【C-3】に注目します。
【ABC-3】では不等号が2つ続き、
その中で一番小さい数字が入る事になります。 この区画で使用していない数字は「1・4・7・8」
【C-7】に「4」がある事から
【C-3】には「1」以外、入れられない事が判明します。
また【I-3】の「7」により、【A-2】の「7」が確定。
残ったマスは不等号の向きから、
【A-3】が「8」、【B-3】が「4」に決まります。
1Tb

記入-B

A列を見ると残り3マス、残っている数字は「1・4・5」です。
【A-8】に注目すると【C-7】に「4」があるので、4は除外。
更に「6より小さく3より大きい」が条件なので「5」と確定します。 【ABC-789】に注目します。
この中で残っている数字は「1・2・7・8・9」
【C-8】【C-9】は「4より大きい数字」が条件。
条件を満たしている数字は「7・8・9」ですが、
【C-2】の「9」から
【C-8】【C-9】は「7」「8」と判ります。
残った「1・2・9」を不等号に合わせて入れれば
この区画は全て埋まります。
2Ta
記入-B'
次は【ABC-456】を見ます。
【A-9】【B-1】【E-5】の「3」から【C-6】の「3」が、
【B-8】の「2」から【C-5】の「2」が確定します。 この区画で残っている数字は「1・4・5・7」ですが、
「1・4」は【A-4】【A-5】で二択状態になっているので
候補から排除します。
残る「5・7」が【B-4】【B-6】に入る事になりますが、
【G-6】に「5」がある事から
【B-4】は「5」、【B-6】は「7」と決まります。
2Tb

記入-C

【GHI-123】を見ます。
よく見ると不等号の向きが偏っていて、
一番小さい数字で空いているのは【H-1】のみとなっています。
なので、当然ここは「1」が決まります。 【I-2】は「7より小さく4より大きい」が条件。
可能性としては「5・6」ですが、
【B-2】の「6」により「5」が確定。
同時に【H-8】の「6」により【G-1】の「6」も確定します。
ここまで埋まると、不等号の向きから
【H-3】には「9」以外の数字が入らない事が判ります。
更に【G-2】は「6より小さく2より大きい」数字なので「3」
最後のマスに「8」が入ります。
3Ta
記入-C'
次は【GHI-789】を見ます。
【I-4】に「9」がある事から、
不等号と絡むマスに「9」は入れなくなり【G-8】に決まります。 【F-8】の「8」により、不等号に絡む最大の数字が「8」と判ります。
なので不等号の向きから【I-9】の「8」が決まります。
ここからは不等号を気にせず、普通のナンプレの方法で。
【B-9】【H-1】の「1」から、
「1」の候補は【G-7】【I-8】の二択。
【B-8】【G-3】の「2」から、
「2」の候補は【H-7】【H-9】【I-9】と3箇所になりますが、
【I-9】に「1」が入る可能性が無い為、
【H-9】に「2」が入る可能性も無くなります。
【A-9】【G-2】の「3」から、
「3」の候補は【H-7】【I-8】の二択。
【C-7】【I-1】の「4」から【H-9】の「4」が確定。
【G-6】【I-2】の「5」から【H-7】の「5」が確定。
二択候補のマスが埋まってしまったので、
【I-8】に「3」、【I-9】に「2」、【G-7】に「1」が入ります。
3Tb

記入-D

【GHI-456】を普通の方法で確認していくと、
「3」「2」「8」「4」が確定。
結果、保留状態だった【A-4】【A-5】が確定。
その結果から【I-5】【I-6】が確定していきます。 他の区画も二択に絞れる箇所を確認していくと…
【B-8】【D-2】【I-9】の「2」により、候補が【E-7】【F-7】になります。
が、【F-7】に「1」が来る可能性は無いので【F-7】が「2」と決まります。
「3」は普通に確定。
7行で残るマスが1つになるので、使っていない数字「7」が入ります。
【DEF-9】に入る数字は「5・6・9」と判明。
不等号の向きにより、
【E-9】には一番小さい「5」が確定します。
4Ta
記入-D'
【DEF-789】の一部が確定した事で
【E-4】の「2」、
【F-3】の「3」、
【D-3】の「5」が決まります。 3行で残るマスが1つになったので、
使っていない数字「6」が入ります。
また【C-2】の「9」により、【DEF-1】に「9」が入る事が判り、
不等号の向きから【E-1】が「9」と確定できます。
【F-8】の「8」により【D-1】の「8」が、【F-1】の「7」が確定。
その流れで【E-6】の「8」も確定します。
4Tb
記入-D"
【D-3】の「5」が確定した事により、
保留状態だった【D-5】【F-5】が決定。
更に【D-9】【F-9】も決定。 あとはダラダラと埋まっていきます。
4Tc