幾何学ナンプレ

パズル解法

基本は数独(ナンバープレイス)と一緒です。
通常、3×3の区画が問題により形状が変化しています。
ナンプレの亜種は比較的難易度が下がっている事が多いのですが、
幾何学ナンプレの場合、
形状に惑わされミスが誘発される感じになってます。
初期段階 基本は、表示されている数字が多いモノからでしょうか?
私の場合は面倒なので1〜9の順に調べてますが(苦笑
一応、数えてみると…
1:3個 2:6個 3:3個 4:6個 5:1個
6:5個 7:5個 8:3個 9:5個
2・4、6・7・9が多いようです。
0T

記入-A

と、思ったけど…
難易度が低い問題なのでヒントが多いので、いつもと違う視点で。 9行を見ると、入っていない数字は「3・5・8」のみ。
そのうちの2マスの区画には既に「3」が存在するので、
【H-9】の「3」が確定できます。
残りの2マスを見ると、E列に「8」が存在。
なので【G-9】の「8」、【E-9】の「5」も確定できます。
1Ta
記入-A'
同様にI列を見ると
右上の区画、4行、6行に「2」が存在する事から【I-5】の「2」が確定。
左下の区画では8行の「3」により【A-7】の「3」が決まります。
この区画で残っている数字は「5・8」のみとなります。
【C-8】【D-8】には、必ず「5・8」が入るので、
8行の残っている2マスには「1・6」が入る事になります。
が、下中央の区画には「6」が存在しているので、
【H-8】が「6」、【F-8】が「1」と判明します。
更にこの区画を見ると、G列に「7」が存在している事から、
【E-7】の「7」、【G-7】の「4」も確定できます。
1Tb

記入-B

せっかく数字の数を数えたので…
「2」に注目して調べてみます。 「2」が存在する区画・列・行を塗りつぶすと…
上中央の区画で「2」を入れられる場所は【D-2】のみ。
当然、左上の区画でも【B-3】の「2」が特定できます。
ちなみに…
全て特定できた数字を何かしらの方法で、
確認できるようにしておくと、
無駄な作業やミスを減らせる事ができます。
私の場合、近くに○を3×3で書いて
該当する位置の○を斜線で消しています。
まぁ、後半になると…
一気に進む事が多く、全ての○に斜線が入る事はありませんけど(苦笑
2Ta
記入-B'
同様に「4」に注目すると【F-2】の「4」が確定。
と、同時に【E-6】の「4」も確定します。 2行の残り2マスは「1・9」
左上の区画に「1」があるので【G-2】に「1」、【B-2】に「9」が入ります。
また、右上の区画は残り1マスとなり、
区画に存在していない「6」が決定します。
ここまで進めると、初期に確認していたI列が残り2マスに。
チェックしてみると4行に「1」があるので、
【I-6】の「1」、【I-4】の「5」が確定。
右下の区画が残り1マスとなり【H-7】の「9」も確定します。
7行も残り2マスになったので確認してみると、B列に「1」が存在。
これで【D-7】の「1」、【B-7】の「5」が決まります。
2Tb

記入-C

数字の「1」に注目すると【E-3】【H-5】の「1」が決定。
残るH列の1マスは「8」と判ります。 このままだと、ただのナンプレと変わらないので、
幾何学ナンプレならではの見方も。
今回の問題の場合、特徴的なのは中央の区画。
左上、右下もそうだけど、
細長い部分のある区画が攻略の鍵になる事が多いです。
【I-4】の「5」に注目すると、
この区画で「5」の入る可能性のある場所は【F-6】【G-6】の二択。
同様に「3・6」は共に【C-4】【E-4】、
「7」は【D-4】【F-6】、「8」は【D-4】【F-6】と、それぞれ二択。
区画内、全ての数字が確定・二択状態に。
こうなるとマスに候補が1個しか無い【G-6】は「5」で決まりです。
まぁ、G列に注目すれば、もっと簡単に結果が出たんですけどね(苦笑
当然【G-4】は「9」に決まります。
3T

記入-D

よくよく見るとF列に「8」がありました。 orz
なので【F-6】は「7」、【D-4】は「8」となります。
で、B列を見ると【B-5】が「8」、【B-1】が「3」と判ります。 1行の残り2マスを確認すると【C-1】が「5」、【E-1】が「6」
結果、二択状態で保留になっていた
【C-4】【E-4】が「6」「3」に、
【C-8】【D-8】が「8」「5」と決まります。
上中央の区画が残り1マスとなり「3」が確定。
F列の二択も【F-3】【F-5】が「5」「3」に決まります。
ここまで進めば、4〜6行がそれぞれ1マス状態なので
行単位で見て、入っていない数字を書いていくだけ。
最後に確認したら完成です。
4T