マトリックス推理パズル

パズル解法

基本ルール
・全ての条件が重複する事は無い…A
補足 A:例題でいうと
オレンジが2個。バナナも2本。
メロンが\300。オレンジも\300。という事は無い
初期段階 右図のような表を使用(または作成)し、
与えられた情報を基に表を埋めていく。
■条件
・人間はA・B・C・Dの四人
・商品はオレンジ・バナナ・メロン・リンゴ
・商品の個数は1・2・3・4個と各々数量が違う
・商品の価格は\200・\300・\400・\500
■情報 A君は商品を3個購入
Bさんは\400使った
C君はオレンジを購入
Dさんはメロンを\500で購入
200円の商品の個数は4個
リンゴの個数は2個
オレンジ バナナ メロン リンゴ 1個 2個 3個 4個
200

300

400

500
A君
Bさん
C君
Dさん
¥200
¥300
¥400
¥500
1個
2個
3個
4個

入力

最初の情報である「A君は商品を3個購入」
に基づき表に記入すると右表ののようになる。
同様に残りの情報から表に記入していくと 最終的にのようになる。
オレンジ バナナ メロン リンゴ 1個 2個 3個 4個
200

300

400

500
A君 ×× ××× ××
Bさん ×× × ×××
C君 ××× × ××
Dさん ××× × ×××
¥200 × ×××
¥300 × ×
¥400 × ×
¥500 ××× ×
1個×
2個×××
3個×
4個×

考察

次に○の部分に注目します。
例えばC君がオレンジを購入した際に記入した○について
横方向に見ると3個では無く
\400でも\500でも無い。
また、縦方向に見ると\500では無く、2個でも無い
 「3個購入したのはA君」
 「2個の商品はリンゴ」
 「\400使ったのはBさん」
 「\500はDさんのメロン」の情報からも分かります。 これら縦横の情報を統合して整理するとのようになります。
他の○についても同様に処理するとのようになります。
また、「200円の商品の個数は4個」の情報から 200円の商品を購入していないBさんは
商品を4個購入していない事からのようになります。
オレンジ バナナ メロン リンゴ 1個 2個 3個 4個
200

300

400

500
A君 ×× ××× ×××
Bさん ×× ×× ×××
C君 ××× ×× ××
Dさん ××× ××× ×××
¥200 × ×××
¥300 × ×
¥400 ×× ××
¥500 ××× ×××
1個×
2個×××
3個×××
4個××

処理

かなり表が埋まってきました。
ここまで埋まってくると
表の中に必ず○を付けるべき場所が出てきます。
例題では、一区画内で
縦もしくは横に×が3つある場所です。
 4個の商品はC君が買っている
 \500の商品は1個
などです。
これらを処理するとのようになります。
その後、○を記入した場所の同区画内縦横のマス目に のように×を付けていきます。
オレンジ バナナ メロン リンゴ 1個 2個 3個 4個
200

300

400

500
A君 ×× ××× ×××
Bさん ×× ××× ×××
C君 ××× ×× ×××
Dさん ××× ××× ×××
¥200 × ×××
¥300 × ×××
¥400 ×× ×××
¥500 ××× ×××
1個×××
2個×××
3個×××
4個×××

仕上

あとは同様に
・一区画内で縦、横に×が3つ並んだら空いた場所に○ 
・○を記入したら同区画内縦、横の他の場所には× 
・○を基点として縦と横の情報を統合する 
・既に決まっている情報から
 逆方向(右から左・下から上)の情報を確定する 
ここまで埋まれば A君がバナナ3個(3本)を\300で
Bさんがリンゴ2個を\400で
C君がオレンジ4個を\200で
Dさんがメロン1個を\500で購入した事が判明します。
例題では4項目4種類と小規模なので
比較的簡単に表が埋まりましたが
大きくなるとマメに縦横の情報を統合していかないと
なかなかヒントが見つかりません。
また、当たり前の事ですが
間違って記入してしまうと気付いた時には
最初からやり直さないといけなくなります。
○を付けたら必ず同区画の残りの縦・横に×を入れ 一つ一つ確実に処理していきましょう。
オレンジ バナナ メロン リンゴ 1個 2個 3個 4個
200

300

400

500
A君 ×× ××× ×××
Bさん ×× ××× ×××
C君 ××× ××× ×××
Dさん ××× ××× ×××
¥200 × ×××
¥300 × ×××
¥400 ×× ×××
¥500 ××× ×××
1個×××
2個×××
3個×××
4個×××