イラストロジック(単色)

パズル解法

基本ルール
・マス目の数字は行・列で連続して塗り潰すマス目の数を表す…A
・複数の数字が並んでる場合、その順序で塗り潰す…B
・数字と数字の間は1マス以上の空白が入る…C
補足 A:行-再下段[8]の場合、横に8マス並んで塗り潰す
B:行-8行目[1 4 1]の場合、左から1、4、1マスの順で塗り潰す
同様に2列目[6 2]の場合、上から6、2マスの順で塗り潰す
初期段階 まずは、マス目を数えます。
右図の場合、10×10となっています。
4 6
2
1
1
4
1
1
1
1
1
1
1
1
1
4
1
1
1
1
1
6
2
4
3 3
1 1 1 1
1 1 1 1
1 4 1
1 1
2 1 1 2
1 1
1 4 1
2 2
8

基本-A

行・列内から過半数の数字を探します。
例では、6と8が該当します。
まず、8の部分から 左を基準にして8マス塗り潰した場合…右図a
右を基準にして8マス塗り潰した場合…右図b
よって、中央の6マスは確実に塗り潰す事ができる場所となります。
a+b

基本-B

次に6の部分、例では上から[6 2]となっています。
上から6マス目…右図c
下から塗り潰す6の部分は
基本ルールのCを考慮すると6+(1)+2=9となり
下から9マス目の部分は塗り潰す事ができます。…右図d
この結果、上から2〜6マス目が確実に塗り潰せる事が分かります。
※今回の場合はサイズが小さいので2の一部分も判明しています。
上 ・・・・・・・・・・ 下
c+d

作図-A

ここまでの作業を図に加えていくと右図の■部分となります。
イラストロジックの場合、 確実に塗り潰す場所と同等に必要な情報として
絶対に塗り潰さない場所も必要となります。
右図の×部分は行・列の数字から必ず空白となる部分です。 また、部分は列の[4]という数字から
同様に塗り潰す事のできない事が分かります。
部分は塗り潰す事ができなくなった部分から 必然的に塗り潰す場所と判明します。
また、1・10列の塗り潰し可能マス目数が5となり
4が過半数となったため、部分も塗り潰し可能となります。
4 6
2
1
1
4
1
1
1
1
1
1
1
1
1
4
1
1
1
1
1
6
2
4
3 3××
1 1 1 1××××
1 1 1 1××××
1 4 1××××
1 1××××
2 1 1 2
1 1
1 4 1
2 2××××××
8

作図-B

ここまでの作業を図に加えていくと右図の■部分となります。
作業が進み塗り潰す事のできない部分>部分 その結果から塗り潰す場所部分>部分
4 6
2
1
1
4
1
1
1
1
1
1
1
1
1
4
1
1
1
1
1
6
2
4
3 3××××
1 1 1 1××××××
1 1 1 1××××××
1 4 1××××
1 1××××××××
2 1 1 2××××
1 1××××××××
1 4 1××××
2 2××××××
8××

作図-C

このようにして作業を進めていくと図が完成します。
他にも4・7列目が4+(1)+1+(1)+1+(1)+1=10となっているので
最初から塗り潰す場所が確定していたりと
注目する点は他にもありますが
基本は ・塗り潰す可能性があるマス目数の過半数
・塗り潰すマス目と空白の合計数
を考慮しながら
・塗り潰せる場所
・塗り潰せない場所
を区分していくと良いでしょう
イラストロジックを鉛筆で行うと手が真っ黒になります… かといって、ペンを使うと間違えた場合、修正できません。
場合によってはExcelを利用すると良いかも…
簡単にマス目を作れるし手も汚れず。アンドゥー機能もあるし。
さらに手間を惜しまず、塗り潰したマス目に1を入力すれば
関数を利用して計算の手間を省く事が可能です。
4 6
2
1
1
4
1
1
1
1
1
1
1
1
1
4
1
1
1
1
1
6
2
4
3 3
1 1 1 1
1 1 1 1
1 4 1
1 1
2 1 1 2
1 1
1 4 1
2 2
8